飛蚊症とストレスの悪循環はこうして起こる

突然ですが、現代はストレスで満ちています。

「忍耐が美学とされる」「チームを大切にする」といった日本人の価値観があり、だからこそ日本はここまで成長してきたわけでもありますが、「ストレス社会」という言葉もある通り、ストレスは日本に蔓延していて、徐々に悪影響を及ぼし始めています。

そして、その症状の1つに「飛蚊症」があります。ここでは、切っても切れない「飛蚊症とストレスの関係性」について紹介していきます。

目に酸化ダメージを与えるストレスによって飛蚊症になりやすくなる

飛蚊症とストレスに悩む女性

飛蚊症の原因はまだまだはっきりとしていませんが、飛蚊症は硝子体が酸化ダメージにによって「濁る」ことが原因だと言われています。

そして、その酸化ダメージはストレスからも発生します。

ここが実は大変やっかいで、「飛蚊症を感じる⇒ストレスを日々感じるようになる⇒さらに飛蚊症が悪化する」といった悪循環が起こっているのです。

ストレスは、活性酸素を活発化させます。

このことが分かっていても、そう簡単にストレスは減らせるものではありません。ここが実に難しい問題なのです。

なぜストレスは活性酸素を生み出すのか?

「ストレスが活性酸素を生み出す」と聞いて、どうしてそうなるのか?と疑問に思うことがあるかもしれません。

実はこのメカニズムは既に解明されており、ストレスを受けると、私たちの体は「副腎皮質ホルモン」を分泌させることが分かっています。

もちろんその「副腎皮質ホルモン」によって、私たちはストレスから身を守っているのですが、「副腎皮質ホルモン」が発生すると同時に「活性酸素」も生成しているのです。

ですので、根本的な解決のためには、「ストレスのない生活」をするしかなく、これが「改善したくても改善できない」という悩みにつながっていくのです。

目を酸化ストレスから守るには?

しかし、ストレスを受けても、飛蚊症にならない人がいます。それは、なぜなのでしょうか?

それは、目の活性酸素を除去するルテインやゼアキサンチンがしっかりと摂取できているからということと関係があります。

ルテインやゼアキサンチンは、目の黄斑部に多く存在し、目を光ダメージから守るとともに、過剰な活性酸素を除去するはたらきも持っています。

ルテインやゼアキサンチンは「ほうれん草」や「ケール(青汁に多い)」によく含まれていますので、緑黄色野菜をよく食べる人は補給できていることが多く、飛蚊症やその他の眼病にもかかりにくいのです。

しかし、現代人は、ストレスが多いとともに、野菜の摂取量も少なくなってきています。これらが悪い相乗効果を発揮し、現代人は「飛蚊症になりやすく」なっているのです。

また、ルテインは失明リスクのある「加齢黄斑変性」や「白内障」の予防効果があることが分かってきました。ですので、今現在は眼科医もルテインの摂取を推奨している人が多いですし、眼科医独自でルテインサプリを発売しているところもあります。

「最近野菜を食べる量が少なくなった」「目の疲れがひどくなってきた」「スマホやパソコンの使用頻度が多い」という方は、アイケアサプリとしてメジャーな「めなり」、ファンケルの「えんきん」などで効率的にルテインを補給することが求められています。

日々のストレス対策も飛蚊症予防には大切です

しかし、「ルテイン」や「ゼアキサンチン」を摂取したらといって、飛蚊症の症状が良くなったり改善したりするものではありません。

ですので、もし今現在ストレスを感じているのであれば、そのストレスに対して何かできることがないかを考えることも大切です。

ストレスは飛蚊症だけではなく、ありとあらゆる病気と関係しています。ですので、ストレス対策に取り組むことは「コスパ」としても良いのです。

できること1:ストレス発散サプリを摂取する



ストレスを発散するためにも栄養素が必要です。

そして、時と場合に応じた栄養素を摂取できるのが「JJJ」です。

JJJでは、「癒されたい」「生き生きと過ごしたい」「現代社会に立ち向かいたい」という3つの価値観に合わせて、必要な成分をぎゅっと詰め込んだサプリです。

「ストレス発散方法がない」「毎日ストレスが積み重なっていく感じがする」と言う方は、ぜひ試してみましょう。

JJJ

できること2:普段の睡眠を大事にする

「寝ると感情がスッキリおさまる」

「寝たら昨日のイライラがおさまった」

そんな経験をしたことがある人は多いはず。睡眠は脳にとっては唯一安らげる時間です。ストレスを感じているからこそ、「質のいい睡眠」と「たっぷりの睡眠時間」を確保するようにしましょう。

最近では「短眠法」などもありますが、睡眠時間は人によって必要時間が異なります。

自分に合った睡眠時間と、質のいい睡眠を心がけて過ごすことが大切です。また、「寝ても疲れが取れない」という方は「リラクミンSe」や機能性表示食品の「GOOD Night」などを使ってみるのもいいかもしれません。

できること3:好きなことを大切にする

何よりストレス発散になるのが、「あなたの好きなこと」をするということです。

例えばアウトドアが好き、電子機器が好き、アニメが好き、デートするのが好き、スポーツが好き、などなど、人には必ず「好み」があります。

その「好み」を大切にしてください。

時にはその「好み」がビジネスに発展することもありますから、とことん楽しんで、好きなことを極めていきましょう。

さいごに

実は医学的には「ストレスと飛蚊症は関係がない」というのが今の一般的な見解です。その反面で、医学的データはなくても、ほぼ確実に関係しているとも言われています。

また、先ほどもお伝えしたように、ストレスは、目だけでなく、「肥満」や「中性脂肪」といった原因にもなりますので、この機会に「より対策」をしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、今現在「飛蚊症」である方は、飛蚊症自体に相当ストレスを感じていると思います。なぜなら、私自身がそうだったからです。

このストレスは普通の人には理解できない類のものです。

しかし、いつか慣れてくる時が必ずきます。もちろん今でも私は目の前にアメーバがいますが、事実慣れてきましたので、いつかはそのストレスからも解放されるはずです。

私の1年の飛蚊症体験談についてはこちらの記事

そうして未来に希望を持つこと、それがストレス対策として一番重要ではないでしょうか。