飛蚊症が改善する方法の中で、どれが信頼できるのか?

飛蚊症を改善する方法。これは、医学的に見れば「ない」のですが、それでも「改善した」という報告は多くあります。

そこでこのページでは、まず最初に、そんな飛蚊症が改善したと報告があった方法をまとめて紹介していきます。

しかし、それだけでは、「どの方法をやったら期待できるのか」が分かりませんので、後半では、重視したい改善方法をピックアップして紹介していきます。

飛蚊症が改善する方法のまとめ

まずは「そもそも飛蚊症の改善方法にはどんなものがあるのか?」ということについてです。

※そもそも飛蚊症がなぜ起こるのか?ということについては書きません。それについては別記事をご覧ください。>飛蚊症は誰もがもつ症状の1つです

①黒ゴマ

飛蚊症を治そうと専門家の友人に相談したところ、「黒ゴマ」がすすめられ、実際に毎日山盛り2,3倍食べたところ、飛蚊症が改善したという報告があります。

しかし、これを実感した人は少なく、あくまで「個人的な意見」であること。この点には注意が必要です。

②ビタミンAを摂取する

次ににんじんや小松菜に多い「ビタミンA」を摂取するという方法があります。

ビタミンAは夜間の視力の維持を助ける栄養素です。また、「抗酸化作用」もあり、目に良いとされています。

ビタミンAは不足しやすい栄養素の1つで、ビタミンAが足りていない人は、夜間の視力維持とともに、飛蚊症が改善したと「勘違い」しやすい栄養素です。※この「勘違い」が実は重要です。後述します。

③目に良いサプリを使用する

食品だけでは、目に良い栄養素を毎日摂取しきることができません。

そこでサプリを使い、食事では難しい「ルテイン」「ゼアキサンチン」「アントシアニン」「アスタキサンチン」などの栄養素を効率的に摂取するという方法があります。

飛蚊症の症状悪化防止に期待でき、比較的多くの方が改善したと勘違いできる栄養素です。

飛蚊症を改善=目が勘違い=目が慣れる

このように飛蚊症の改善方法には大きく3つの方法があります。

※それ以外にも「手術」があります。これは現在治験を行っていて、「人体」での実験が始まっています。保険外適用ですが、いずれ飛蚊症は「治る病気」になります。

そして大切なことは、「飛蚊症は治らないが、勘違いさせることができる」ということです。

例えば、「集中」している時に、飛蚊症の症状はあまり気になりませんよね?

つまり、目はしっかり見たい物にピントを合わせていれば、飛蚊症が気にならない、治ったように感じるのです。

このように、「飛蚊症が治った」と目を勘違いさせるためには、上記のうちどの方法が良いのでしょうか?

色々やってみた結果、一番効果の実感があった飛蚊症改善方法

私は「目のマッサージ」「血行改善」などの他、ここまで紹介してきたことをすべてやってきました。その中でも効果を実感したのが、あまり嬉しくないのですが「サプリ」でした。

「サプリなんて意味がない」
「サプリじゃなくて食事が大切だ」

こういう持論があるため、あまりサプリには頼りたくありませんでした。しかし、実際に飲んでみると、飛蚊症の症状を感じにくくなったのです。

これについては、「飛蚊症は一生治らないと言われてから1年が経ちました」の記事で紹介している通りです。

上記で紹介したように、私は「めなり」というサプリメントを使いました。結局一番コスパが良く、今でも使い続けています。おすすめです。

>>めなり

改善方法は、効果がないことも多い。でもあきらめないで!

サプリが一番飛蚊症改善に効果が期待できるのは、「様々な栄養」を「毎日」摂取できるからです。ですので、飛蚊症が悪化しにくく、悪化しないのではやく「慣れる」のだと思います。

しかし、効果が絶対にあるわけではありません。あるかもしれませんし、ないかもしれないのです。

それでもできることはやってみて、「今より悪くしない」ことは大切ですし、手術の治験が行われている=治る方法が確立されつつあるので、希望だけは捨てないでください。

それでは今回は飛蚊症の改善方法と、おすすめの方法についてでした。