見えづらさやかすみを解消!目にいいサプリの定番成分はこの3つ

目の疲れやかすみなどの悩みを解消したり、予防したりしてくれるサプリには、目にいい有効成分が入っています。

例えばその代表が「ルテイン」や「ゼアキサンチン」です。

疲れ目や老眼、ドライアイになっている場合は目にいいサプリで改善できたらいいですよね。そこで、このページでは、目にいいサプリに含まれる定番成分の3+1をご紹介します。是非、参考にしてみてください。

眼科医の推奨成分ルテイン

ルテインとは、目にいいサプリに含まれる有効成分の一つです。抗酸化作用のあるカロテノイドで、かぼちゃやほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれています。

そんなルテインは、私たちが「オギャア」と生まれた時から網膜や水晶体に存在している、人間の目にとって必要不可欠なものです。

黄斑部に多く存在するルテインのはたらきと効果

ルテインは特に網膜の中心部にある黄斑部の中に多く含まれています。黄斑には光を感じるための視細胞が集中していますが、ルテインがあることで紫外線から目は守られているのです。

特に「目の活性酸素の除去」「目に入ってくるブルーライト・紫外線の吸収と遮断」は、黄色のカロテノイドであるルテインにしかできないはたらきです。

ルテインが減ると、「ぼやける」「かすむ」などの症状が

黄斑の働きは目のコントラストを高める働きがあるので、ルテインが減ると視界がぼやける症状が出てきます。そこで、ルテインを補給することで黄斑の変性を防ぐことができるのです。

ルテインはブルーライトなどの強い光を吸収し、目を保護する働きもあります。また、抗炎症作用があるので痛みや発赤を伴う炎症にも効果的です。

ルテインはこのような働きがあるために、多く摂ることを眼科医も推奨しています。

ルテインは元から目の中にありますが、体内で合成することはできません。加齢と共に減少していくと、目の症状として影響が出てきます。

しかし、サプリメントなどからルテインを補えば、加齢黄斑変性症などの眼病予防にもなるのです。

また、疲れ目やブルーライトの対策にもなります。ルテインを摂ることで、白内障になるリスクも減ると言われているので、眼病予防に有効な成分なのです。

ブルーベリーの色素アントシアニン

アントシアニンも目にいいサプリに含まれる成分です。アントシアニンは視神経の働きを促進する色素で、ロドプシン再合成を促す働きがあります。

ロドプシンとは、網膜の細胞に入っている成分です。目を使っている時に分解されて、すぐに再合成されます。

この分解と再合成の繰り返しが脳に伝わることで、「見える」という現象に繋がっているのです。

しかし、目を使い過ぎて疲れてしまうと、この再合成が間に合いません。再合成が遅れると、目がかすむ症状や眼精疲労になってしまうのです。

ロドプシンの再合成を活性化させ、視力回復にも

そこで、ロドプシン再合成を活性化させるのがアントシアニンで、視力回復効果に即効性があると言われています。

特にアントシアニンの含有量が多い(40㎎以上)のものを摂取すると、数時間後には効果を感じて一日中持続することができるのです。

よって、アントシアニンはロドプシンの再合成を活性化することで、視力の改善や眼精疲労の回復に繋がります。

アントシアニンは、網膜にある毛細血管の強化や保護にも効果的です。特に、毛細血管が関係して視力が落ちる網膜剥離でも、アントシアニンによって視力を回復させることができます。

抗酸化力の強いアスタキサンチン

アスタキサンチンとは、高い抗酸化力を持っている成分です。

抗酸化力とは組織が老化していくのを防いでくれるので、アスタキサンチンは目にいいサプリの成分になります。

アスタキサンチンが持つ抗酸化力はビタミンEの約1000倍です。特に、老眼は水晶体や毛様体筋が衰えることで出る症状なので、アスタキサンチンによって老眼の進行を防ぐことができるとされています。

そんなアスタキサンチンは、加齢によって起こる加齢黄斑変性症や白内障の予防にも効果的です。

また、アスタキサンチンは眼精疲労や疲れ目を改善することも期待できます。目の奥は栄養が届きにくいですが、アスタキサンチンは奥の方まで入り込むことができるのです。

よって、目のピント調整機能が向上し、疲れを改善してくれます。その他にも失明の危険があるブドウ膜炎や緑内障の予防・改善にも効果的です。

目の疲れや疲労感に即効性ある「クロセチン」

クロセチンは、ルテインと同じく「カロテノイド」の1種であり、抗酸化作用を持っていますが、クロセチンはそんなカロテノイドの中でも「スーパーカロテノイド」と言われています。

これは、クロセチンが「油にも水にもなじみやすい」という特徴を持っており、ルテインやリコピンよりも吸収率が高いからです。

また、実際にマウスを用いた実験では、クロセチンを投与したマウスは、視細胞の委縮と細胞死が抑制されていることが発見されました。

このように、素早く目に届いて活性酸素を除去したり、毛様体筋の疲れをとってくれるため、目にとって良い栄養素の1つとして注目を浴びています。

それぞれの栄養素の摂取目安と推奨摂取量

このように目に良いはたらきをする「ルテイン」「アントシアニン」「アスタキサンチン」ですが、推奨摂取量があり、「最低これくらい摂取しないと意味がない」という量が数々の実験によって分かっています。

ここで簡単に記載をしておくと、

  • ルテイン⇒1日6㎎以上、過剰摂取の危険性なし
  • アントシアニン⇒1日40㎎以上、過剰摂取の危険性なし
  • アスタキサンチン⇒1日6㎎以上、30㎎/日までなら危険性なし

ということが分かっています。ですので、サプリメントを選ぶ際には、上記の基準を満たしたサプリをできる限り選ぶようにしましょう。